ヲタ母の時々育児日記

二児の母となってもゲームはやめられない!ヲタネタメインの時々育児ネタなあまり更新しないブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スケさん出産話

※出産に関する専門用語が多数出てきて、あえて説明を省いています。
長ったらしくなってしまうので。よかったら不明点はググって下さいw


実は出産レポ、産んだその日に書いてました。

寝れなくてねー

家に帰ったら清書しようと思ってたら

もう三ヶ月も経ってしまったけどw

振り返りたいと思います。

*************

出産前日の朝一。

トイレに行くと、鮮血なおしるしを確認♪

『うおー!父ちゃん!見て!血!』

「いや、見せられても…」

うん。だよね。


陣痛もある感じだったけど、動いた後だけで

とても不規則な張りだった。
(規則的に張ると本陣痛)

ちょっと寝てみるかー

と横になったら、ガッツリ昼寝できて

張りも何処へやら…

(よし!アイダホバーガー食える!)

と一人ガッツ。早く赤ちゃんに会いたいような

もう二・三日待って欲しかったような

微妙な心境である( ̄▽ ̄;)



すっかり夕方になり、ここを保育園まで迎えに行くと

また、アイタターな感じに。

ここ数日、前駆陣痛には慣れっこだったので

放っといてスーパーでお弁当ゲト!

さすがにご飯作る気分にはなれなかった。



前駆陣痛に慣れてたとはいえ

おしるしがあった為、やはり陣痛が気になりだし

スマホのアプリで陣痛時計というものをインスト。


痛いなーと思ったらポチと押し

引いたーと思ったら再ポチで

陣痛間隔と継続時間を計算・メモしてくれる。

シンプルにして、中々便利。

人生で一・二度程度しかお世話になる機会がないがw

ほぼ利点が無いであろう制作者様に感謝します(* ̄∇ ̄*)


おかげさまで、10分間隔の規則的な陣痛が来てる事に気づいたPM10時頃のお話。

(これは22日出産決定だな)

と覚悟を決めて、シャワー入ったり

ここを義母宅に預けたりしてるうちに

5分間隔になってました。

本当は経産婦は15分間隔になったら病院連絡なんですがw

まだまだ痛みも余裕あったし

ギリギリまで家に居たかったので

『アメトーク見終えたら病院連絡する』

という訳わからん設定をしました。



で、まぁ眠たそうな父ちゃんと一緒に病院に行きました。

日付は変わって、22日AM1時過ぎ

NST開始です。



****************



出産当日のお話。

半分以上、愚痴話です。お気をつけ下さいませ。


ここの時もそうだったのだが

いかんせん、夜勤助産師さんと相性が悪い。

いや、括るのも世の中の夜勤頑張られてる方に申し訳ないのだが。


その助産師さんには、先の電話対応から苛立っていて
(きりがないので細かい説明は省きます)


NST後いきなり「どうしますか?入院しますか?」

と聞かれた時は(゜_゜)な顔にもなりますよ。

いやいや、それ判断する為のNSTじゃないの?

聞くなよ!知るかよ!

NST中は仰向けでじっとしてなきゃいけないから

陣痛が結構辛いのに何の為に我慢したんだー!!


とキレるところをグッとこらえて


『経産婦だと進みが早いって聞きますしー…帰宅した方がいいなら帰りますが』

「さぁ~個人差がありますからね…何とも」

駄目だコイツ(;´д`)


『行き来するの面倒なので入院します』


面倒くさがりの私が、陣痛アプリで

規則的な張りを慎重に確認してから病院に来たので

このまま出産になる自信はあった。


…が、その後内診して子宮口の開きを確認されると

「3cmですねー」

想像以上に広がってなかった…orz


「このまま朝先生来るまで何もしないのでー」

と去っていった助産師さん。

前回の教訓で、頼りにならない人は

とことん頼りにならないと学んでるので

何の期待もしてないけどね。

最後まで呼ばなきゃ様子見すらしない人だったなぁ…



さて陣痛室に残された二人。

仕事終わりで疲れきってる父ちゃんと

子宮口3cmの事実に落ち込む。

もうちょい進んでると思ったけどなー

「何か先長そうだし、横になりなよ。私は陣痛逃がすので座ってる方が楽だし」

うん…とモソモソベットで眠りだす父ちゃんを横目に

陣痛との本格的な戦いが始まったAM2時。


まず心がけとして、トイレにこまめに行きました。

それから色んな体制を試すものの

壁に手をついて立ち、腰を回したりするのが一番楽。

父ちゃん寝てるし、痛くても息吐くだけ。

陣痛の間に3DSを起動したけど

さすがに集中出来なかったので

結局スマホで検索魔。

ひたすら出産レポを読み漁る。

そんな時間を過ごしてAM4:30頃だったと思う。

もう1分間隔でかなりの痛みの波が来てて

『そろそろしんどいなぁ』

とつぶやいた瞬間

パットしてるのに床に漏れる程の破水をした。

一応出産経験者

ついでに最近の検索魔で頭でっかち!

ついにいきむ時間がキタっと確信した。

『父ちゃん!起きて!破水した!ナースコール!』

助産師さんに破水を告げ、内診してもらう。

「んーさっきより開いてるかな…4cmてとこですかね」


…は?( ´△`)



「破水したのでもう立ってないで、横になってください」



まーじーでー?!



頭のなかが真っ白になった。


…が容赦なく陣痛は襲ってくる。


さっきまで無口で陣痛を耐えていた私とは思えない位

荒れ狂った。


『嫌ー!痛い!無理ゲー!無理ゲー!


何故無理!じゃなくて無理ゲー!

と叫んでるのか自分に突っ込む。


気休めにと開いたソリティアアプリのせいか?

ソリティアはちっとも無理ゲーではないがw


とにかく立って陣痛逃してた私にとって

横になってる事が拷問であり

父ちゃんも必死に腰を押してくれたけど←やっと出番w

ほぼ効果は無かった…

『もう起きあがる…』

と四つん這いの格好になったとき。

赤ちゃんの頭がうにょんって出て、戻った。

私は、目の前にあったナースコールを連打していた。


「どうしましたー?」

『もう出る!!』

「出ません」

こ…コイツ…!


「落ち着いて!いい?今いきんだらダメ!出血うんたらかんたら~」


ちげーよ!

テメェがいきむなって言うから

出ちゃいそうなのを力一杯我慢してりきんでんの!

…声にならなかったけど。


「ほら!とりあえず分娩室行きますよ!」


…は?( ´△`)二度目



抵抗する間もなく、よたよた分娩室に移動

「ほら!分娩台乗って!乗らなきゃ産めないよ?!」


この時の私は、小さい子がウンチ寸前で中屈み足クロスで股関手で押さえて必死に我慢してる図。


これでも出てきそうなのに、この上便器に座ってウンチ耐えろってか?!

無理無理無理!


『…こ、ここでどうやっていきみに耐えろと…?』

「いいから早く乗って!」


駄目だコイツ(;´д`)二度目



この時にいつも外来でお世話になってた、とっても眠たそうな先生登場。

時計を見るとAM5時を過ぎ。

そら、まだ眠いよね…となんだか冷静になる。


その一瞬の冷静で、なんとか分娩台に横になったが

足動かせ、腰浮かせろ

無理難題を次々突きつける助産師さん。


大便を我慢し過ぎて、足がブルブルしてしまった経験は何度かあるが

それが赤子となると、もう身体全身で痙攣するのね。


「落ち着いてってば!力んじゃ駄目!」

聞きあきた台詞に、もう否定も肯定もできず、ひたすらブルブル震えるばかり。

やっとつけられたNSTはリンリン警告音なりっぱなし。

「このままじゃ裂けちゃううんたらかんたら~」

もはや助産師さんの言葉はBGM


意識とびそう…そんな時だった。


【もういきんでいいよ】

「『え?(゜ロ゜)」』


先生の一声だった。

助産師さんと私が固まり

い、いいんですか?と聞き返そうとしたら


脱力した私の膣からうにょうにょーと

勝手に出ていく感覚がした。


【あはは、凄い凄い♪】

何故か楽しそうな先生


少しだけ引っ掛かってる感覚がしたので

ちょっと踏ん張ったら

全てが出て、産声が聞こえた( ̄▽ ̄;)

【おお、早い事早い事~はい、おめでとうございます。立派な男の子!】


チラと見ると、本当に居た。

「…おめでとうございます」


いや、そんな納得いかない顔で言われても。


と、言うわけで。


2月22日 5時15分
体重2620g
小さめの男の子を出産しました!


分娩室に入ってから10分位の事でした(;・∀・)

生まれた後も暫く震えが止まりませんでしたが

ここの時も今回も切らずに済んだ、優秀会陰さんw

まぁそもそも今回はまともにいきんでもおらず…赤ちゃん小さかったからね。

これは産後の生活を大きく左右するらしいので

ありがたがとっく!


今度は点滴問題

超血管細い体質らしい私に立ち向かう助産師さん。


結果は、さし直し回数6回!

前回と同じ位です。が、

今回は手の甲にさされて、挙げ句漏れたもんだから

両手の甲が腫れて、暫く手が使いづらかったです( ;∀;)


後産も特に痛いとかなく、それなりに軽めで楽な安産だったのではないでしょうか。


…あのいきみ我慢タイムを除いて…

絶対子宮口開大の計り方間違えてるよなー

陣痛間隔と子宮口開きが全然合わないし

4cm開大で赤子の頭が出てくるハズないわ~(;´∀`)



全ては無事に産まれて何より!ですかね
(ここで愚痴りきってスッキリ!したしw)


長文お疲れ様でしたー
スポンサーサイト
[ 2013/05/22 16:23 ] 出産 | TB(0) | CM(2)

ありがとう

0時過ぎ、パッドを変える為トイレに。
パッドを見ると羊水に血が混じってました!!
出血等があったらすぐに言うよう言われてたので
ナースコールで報告。
「わかりました」で終わったので、様子見に来てくれるのかと思ったら
音沙汰なし。
どうやら更に入院者が増え、分娩中だったようです。

そんな事は知らず、不安になるばかり。

だんだん腰が重い感じに。
一先ず、旦那と両親に陣痛がきそうとメール
「病院行こうか?」と聞かれましたが
これが本当に陣痛なのかも、出産までどれくらいかかるかも
全然わかんなかったので、とりあえず大丈夫と返事しました。
この時来てもらえばよかったと後悔してます。

1時、2時と時間が経つにつれ腰の痛みはきつくなってく

でも規則的な張りとかは全然わかんなくて、廊下を一人でウロウロしてました。

3時を過ぎた頃、大部屋3人目の入院者が出産を終え帰ってきました。
おつですー

助産師さんが出産後の人をベッドに送り届けた後、ウチのベッドに来て
「じゃあ分娩室行きましょう」

え?もう分娩室なの??
???

とか思ってる内に、お茶と携帯を持って分娩室に。
NSTの機械をつけられた後、「何かあったら呼んでください」
と言われ、一人有線で流れてるオルゴール曲を聴いてました。

腰いたい・・・

4時、5時を回り腰が痛い→少し収まる→眠くてうとうと→痛くて起きる
を分娩台の上で繰り返してました。
プラス気持ち悪さが襲いました。

そこに助産師さんが点滴の用意をすると入って来ました。
腰が痛いのに、右腕に針をぷすぷす刺され痛い
左腕も何回かぷすぷすされ、やっと終わりました。
血液検査とかでも看護婦さん泣かせとよく言われる血管の細さなんで仕方ないけど
アザが暫く消えませんでした

助産師さんがNST機械の記録ペーパーを見て
「進んでないね。間隔が狭まらないから、促進剤打たなきゃだめだね」
「朝先生が来たら相談するから」と言って出て行きました。

えーーーここまで耐えて??
まだまだこの痛み続くの?こんな痛いのにお産進んでないの??

この人の無責任な言葉で正直何度も心が折れました。

分娩室に一人孤独で、
誰にも助けを求められなくて
不安に押しつぶされそうでした。

一回トイレに行って、吐いてすっきりしたら眠くなって
また分娩台でうとうとしては激痛で起きて
泣き声のような悲鳴をあげてました。

そんなんを繰り返して、朝。

助産師さんが入ってきて
「朝ごはん出たから、病室戻って食べてから少し寝たら?」
この人は・・・
「・・・はい」
と返事したものの、食欲なんかないし第一起き上がれない。
こんな状態で大部屋なんて行きたくない。
そのまま分娩台で横たわってました。

腰の激痛が来るたび悲鳴をあげてたら
昼間担当の助産師さんが入ってきました。

「大丈夫??」
そんな一言だけで、助かったーと思いました。
もうそん時半泣きだったと思います。

「声出すと体力使っちゃうから、ふーって息出すようにしようか」
「はい、深呼吸してー」
なんてまるで子供をあやすような優しい声で。
深呼吸しただけで、だいぶ落ち着きました。

内診してもらい、子宮口の開きは7cmくらいだそうで
「大丈夫、あともうちょっと!」
と励ましてもらいました。
順調に出産に向けて進んでるってわかってホント安心。

膀胱に尿がたまってると赤ちゃんが下りにくくなってしまうそうなので
トイレに行く事にしましたが、さっきと違って痛みがすぐ来て大変!
助産師さんに支えられながらせっかくトイレ行ったのに出ず・・・
仕方なく管で出してもらいました。申し訳ない…

腰の痛みが楽になるとの事で、子供が乗る木馬みたいなやつにまたがり
暫く一人でゆらゆらしてました
ホントに腰の痛みが和らぐ~
そんかしお腹の痛みを感じるようになってしまいましが
今まで腰が痛すぎて気づかなかったw

しかし、精神的に落ち着いてからだいぶ楽になった気がします。
後もうちょっと!って思うと頑張れました。

ゆらゆらと深呼吸を繰り返し、10時。

また吐き気がして、吐いてしまいました。
吐いてる最中に勢いで尿漏れした感じがして一人焦ってました

その直後、今まで全然わかんなかったいきみたい感が急激にきました。

とりあえずナースコール!

助産師さんが来てくれて、吐いた物を片付けて頂きました;
そしていきみたい感を伝えると内診してもらう事に。

隠しておけないので素直に
「尿漏れしちゃったっぽいんですけど」
と伝えたら、パッドを変えてあげると…
この方に謝らなきゃいけない事だらけです。

と、パッドを見た助産師さんがぽそり
「これ破水したんじゃない?」
ウチが入院した時の破水は、赤ちゃんを包んでる膜に穴が開いてしまって羊水が漏れ出す
いわゆる前期破水。おそらく高位破水だとの事だったので、
子宮口全開で通常破水する場面で破水が起こったそうな。

内診してもらいながら
「ちょっといきんでみて」と言われ
いきみたい時に便を出す時みたいな感じでいきんでみたら
助産師さん大慌て!

「ちょ、ちょっとお産の準備するから、ゆっくり進めよう!」

と言って忙しそうにドラマとかで見る青い服を着たり
万が一、会陰切開をする時に備え毛を添ってもらったり
外来でお世話になってた先生もダッシュで分娩室に来てくれました。
ばたばたしつつ、いきみたい時にいきませてもらい…

いきむ時には肛門を布で押さえてもらってたので、気兼ねなく踏ん張れましたw
いきむ時も声は出さずに。
顔に力を入れると、体力がもったいないそうなので子宮口に集中!
普段便秘でトイレで戦った経験がいきたのかw
わりかし上手いこと踏ん張れました。

頑張って踏ん張り、ついに
10時21分
出しきる前に産声あげて、「もう泣いてるよ」と突っ込まれつつ
女の子が無事に産まれました!

ぷひゃーーーーやりきったぁーー

正直、産まれた感動より終わった達成感で満ちてました。

とりあえず手のひらで赤ちゃんを持たせてもらってる間に胎盤が出て行く感覚が。
出産後の痛みなんて全然ないじゃんと余裕ぶっこいてたら
先生が「ちょっと子宮の戻りが悪いな」と一言。
お腹をごつごつ押されるマッサージが半端なく痛い!!!

痛み=お産になってしまい、ちょっといきんでしまったり。
「もうお産終わったから!声も出していいよー」
と言われ、思いっきり叫んでやりました。
うぎゃーふぇーぎゅああああーーーー
何て叫んだかあんま覚えてません。みんな笑ってましたw

まさか出産後の安心した後にあんな痛みに襲われるとは…
マッサージ後、お腹をアイスノンで冷やしつつやっとわが子を抱っこ出来ました。

s-1_20110921120210.jpg

ちゅぱちゅぱと指しゃぶり。
やっと出てこれたねー
生まれてきてくれてありがとう。

助産師さんにも感謝を伝えました。
「とんでもない!私は少しお手伝いしただけ。」
「それにここがゴールじゃなくてスタートだから。頑張ってね」
とお言葉を頂きました。
ウチは一生この人を忘れないと思います。
感謝してもしきれないです。

091102-006_20110921120216.jpg

初おっぱいちゅぱちゅぱ。
いっぱい吸ってくれー

両親も来てくれて、分娩室で2時間過ごし病室に戻ることに。
赤ちゃんとは暫しお別れです。大げさ??

両親も帰り、病室のベットに横たわっても何だか眠れず。
一人になってからなんだか泣けてきちゃって、少し泣いてから寝ました。

早く赤ちゃんにあいたいなぁ。



長文最後まで読んでいただきありがとうございました
[ 2010/05/02 00:09 ] 出産 | TB(0) | CM(0)

入院初日

出産前日

最近の夜更かしがたたり、全然寝付けませんでした
朝方にはやっとうとうとできたかなーと思うと、助産師さん達が心拍を聞きに。
大体3時間毎に聞きにきます。起こされます
破水してしまってる為、心音をこまめに確認しなきゃらしいです。

頂いたパッドもこまめに変えるように言われました。感染しないように。

破水したら感染病を防ぐ為にお風呂やシャワーは禁止。
と知ってましたが、ちっとも陣痛がつかないウチに軽くシャワー許可を頂きました。
おそらく明日が本番でシャワーあびる余裕なんてないだろうから、と。

眠い中早い時間に朝ごはん。朝7時…いや普通なんだけど、食欲なし。

「お産は体力勝負だからきちんと食べなきゃ!」

と言われたけど、それよりも寝かせてくれ。

ぶつぶつ思いつつも完食した朝ごはんの後、少し仮眠をとり、早くも12時お昼ご飯。
全然お腹減ってないんだけど。。。
が、出された食事は美味しく完食w

しかしこんなにのんびりしてて良いのだろうか。

なぁんて思ってると、一人入院してきたそう。
大部屋だったので若干気まずい。
と思ってたんだけど、人がいる気配なし。
???
後から知ったのですが、すぐに分娩室に入り陣痛→出産をしてたそうな
ウチの方が入院早いのに!焦

そんな事はつゆ知らず15時にはおやつの時間
ホントにこんな豪華な時を送ってていいのだろうか・・・

ここの病院のご飯は3食1間食全て美味しかったですv
普通の豪華なご飯。カレーとかハンバーグとか

18時には夕食!早いって…
つかメシの話しかしてない。
けど、ホンマご飯食べる位しかしてないんです
優雅な入院生活は早くも退屈に。
ひたすら携帯で出産体験のブログとか漁ってました。

ホンマいつまでお腹に居座る気だい?

看護婦さんに「今だけだから余裕なの。最後ののんびりだと思ってゆっくりして」
って言葉に救われてました。

夜になり、同室の方が帰って来ました。
出産おつです。

そんでついでにウチの方に助産師さんが。
今日の夜間担当の方が心拍聞きに来てくれました。
年配な感じの方。
第一印象で苦手意識がぴーんと悪い癖。
でも
「陣痛が全然弱いよ。」
「(陣痛)促進剤使うか先生に相談するから」
と急に言われ一気に不安になってしまいました。

破水して長い時間は危険なんだろうけど、
促進剤使って何かデメリットはないんだろうか?
使うとしたらいつ??そもそもどんなものなの?
と若干パニック
でもありのままに質問できる雰囲気じゃなくて
ただ不安に駆られてました。

「早く出てきて、お願い」

とお腹に頼むしか出来ませんでした。


気づけば0時です。
[ 2010/05/01 19:08 ] 出産 | TB(0) | CM(0)

ははははは、破水

出産まであと2日。

自宅でのんびりも終わり実家に帰る時間。
20:00をまわり、旦那が旦那の実家に置いてある車を取りに行きました。

晩御飯直後で眠かったウチはソファーで横になりウトウトしてしまいました。

すると何だか生理の時に血が出るような感覚が。

時計をみると21:30。旦那の姿が見えない。

まさか、と思いトイレに行ってみるとおりものよりさらさらした水分がちょろっと出てました。

「うーーーーん」

これ破水???

でもあんまり溢れてくる感じでもなく。
ちょっと様子をみようとトイレを出たら、またあの出る感覚。

これ破水だ!!

下着を取り替え、生理用のナプキンをあてて病院に電話。
破水っぽい事を伝え、病院に行くことに。

つか旦那どうしたー?!

携帯は家に置きっぱなしだし。
と帰り支度を済ませたとこでやっと旦那が帰宅。

バッテリーがあがってJAF呼んでたんだとさ

「破水した」と伝えたらびっくりしてました。

車のシートにバスタオルをひいて出発~!


まずは実家によって、準備しておいた入院グッズを取りに。
両親はいよいよかとそわそわしてました。
「頑張ってこいよー」と送り出され、いざ病院へ!

病院についたらまず内診。
子宮口の開き1.5cm、変わってねー
破水かチェックする綿棒を膣に擦り、青く変色したので破水確定。

NSTをしている間は旦那も一緒にいてくれて、その後帰ってもらおうとしてたら
夜間担当の助産師さんが旦那に立会い出産の素晴らしさ、必要さを熱弁してくれましたw

二人とも最初から立会い出産は別にいいよねって考えだったけど
助産師さんの勢いに押されて、旦那がなるべく立ち会う方向で考えてくれました。

とは言ってもちょろちょろ破水しただけで、陣痛の気配なし。
とりあえず帰ってもらう事になりました。

個室があいてないそうで、一先ず大部屋で入院する事に。

誰もいない大部屋だから気兼ねないけど。


やっとベットに横になれた時には0:00をまわってました。
[ 2010/04/25 23:54 ] 出産 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

くろば

Author:くろば
haha.jpg
*母・くろば*
当ブログの管理人でございます。
現在育児休暇中の為、ニート生活。
家では常に横になってる
ダラ奥にして鬼嫁
ゲーマー?アニヲタ…?
とにかくその辺大好きです。

titi.jpg
*父*
娘が大好きなのに振られまくる旦那様。
ブログ内での名称は父、父ちゃん等
いつかへのへのもへじ顔から脱却させてあげたい。
基本ゲーマーだが、最近はリアル娘育成ゲームにハマってるらしい。

koko_20120927103920.jpg
*ここ*
2009年11月生まれの3歳児
一日の大半を保育園で過ごしている。
大分成長し、横暴な行動が減ったので「様」付きを卒業しました。


*スケさん*
2013年2月生まれ
二人目なので適当に育てられ、姉に襲撃されつつ
健気に生きてる、愛され上手。

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。